脱毛する際の肌トラブルの対処方法

脱毛する際の肌トラブルの回避と対処方法

肌をきれいにしたいと思って脱毛サロンに通い始めたのに、まさかの肌トラブルによって逆に肌が汚くなってしまったら取り返しがつかないですよね。そんなことが起きないように回避する方法と、また万が一肌トラブルが起きた時の対処方法を項目別にまとめました。

カミソリ負け

 

カミソリ負けはムダ毛の処理をカミソリで行った際に肌の表面を削ってしまうことで起こります。処理後時間が経ってから赤みが出たりブツブツができることもあります。それは、カミソリによって肌の表面に見えない傷がつくことで、そこから細菌が入ってしまうからです。赤みが出ても痒みが無ければそのうち収まるものですが、1週間以上赤みが引かなかったり痒みがひどい場合には、皮膚科に相談に行くことをおススメします。

原因

まず、カミソリの刃が古い場合起こりやすいです。また、同じ箇所を何度も剃ってしまったり毛の生えている向きに逆らう逆剃りなども原因です。それから乾燥肌もカミソリ負けを引き起こす大きな要因です。

回避と対処法

まず、肌の乾燥を防ぎましょう。日頃のケアが大切ですが、実際にカミソリを使用する場合は保湿ジェルやカミソリ用ジェルを使用することをおススメします。また、カミソリの刃はなるべく常に新しいものを使用しましょう。そもそも、ムダ毛の処理はカミソリではなく電気シェーバーで行うことをおススメします。また脱毛サロンでムダ毛の処理を行ってもらえる場合は、カミソリだと使い回しの場合が多いのでカミソリ負けのトラブルが多く発生しています。必ず電気シェーバーを使用してくれるのか確認しましょう。万が一カミソリ負けが起こったら、冷やしたタオルで患部の炎症を抑えることが大切です。痒みがある場合も刺激せず、ひどい場合は皮膚科へ。またドクターサポートのある脱毛サロンに通っている方は、早急にサロンへ連絡しましょう。

 

火傷

 

写真のように光脱毛機ヘッド照射部が赤くなってくるものや、毛穴がポツポツと赤みを帯びてくるものなど様々です。照射機の出力が強すぎることが原因ですが、肌が乾燥している場合も炎症を起こしやすくなります。火傷が起こると赤い部分にカサブタができ、そのあと色素沈着が起こる場合もあります。脱毛サロンでは、赤みが出ることはあるという前提で施術を行いますが、翌日まで赤みが引かない場合は火傷をおこしているかもしれません。

原因

脱毛時の出力がいつもより高かったことが原因です。勿論、施術時にもいつも以上の痛みを感じていたのではないでしょうか。また、肌が乾燥していたり紫外線を浴びるなど、肌が敏感になっている場合も赤みが出やすくなります。

回避と対処法

まず、施術前後は紫外線に当たる行動は避けしっかり保湿を行うこと。また施術時にいつも以上の痛みを感じた場合は、すぐにスタッフに申し出て出力を下げてもらいましょう。また施術後の飲酒など血行がよくなる行動は避け、万が一赤みが出た場合は冷やしたタオルを患部に当て炎症を抑えるようにしましょう。脱毛サロンによっては施術時に冷却ジェルを添付してくれたり、施術後に保湿ケアを行ってくれます。脱毛サロン選びも重要なポイントです。

 

色素沈着

 

色素沈着は極度に肌が乾燥している場合や上記の肌トラブルの様に何かしら強いダメージが肌に与えられた場合、メラニン色素が沈着しやすい状態になって起こる症状です。火傷の後に色素沈着が起こる場合もありますが、下着などで擦れ続けることで色素沈着が起こることもあります。一度色素新着がおこり肌が茶色くくすんでしまうと、元の肌の色に戻すまでにかなりの時間がかかります。沈着してしまう前に回避しておきたい症状です。

原因

火傷やカミソリ負け等、肌に極度のダメージが与えられた場合や、肌が極度に乾燥していてダメージを受けやすい状態のときにメラニン色素が沈着することによって起こります。

回避と対処法

まずは火傷や赤みなど、皮膚の炎症を起こさないことが大切です。また乾燥や摩擦も大敵です。保湿を十分に行い肌のターンオーバーがしっかり行われるようにすることも大切です。赤みが出た際は、早急にしっかり冷却して刺激を与えず2,3日様子をみましょう。それでも赤みが引かない場合は皮膚科に行き、お薬を出してもらってなるべく早い段階で炎症を押さえ、色素沈着が起こる前に治してしまうことが大切です。

色々と述べましたが、肌トラブルは自分の心がけ一つで避けることができます。施術直後の入浴や日焼け、飲酒は避け、赤みが出た場合は指示されたとおり冷たいタオルで冷却することで、ほとんどの肌トラブルは避けることができます。また、施術時の出力が強いと感じた場合は我慢せずスタッフの方に伝えることが大切です。自分の肌は自分で守ってあげましょう。また、2,3日経っても赤みや痒みが引かない場合は、早急に皮膚科へ。

 


このページの先頭へ戻る