脱毛サロンの勧誘の実態とその裏側とは?

最近の脱毛サロンの勧誘の実態とその裏側とは?

ホームページに堂々と「勧誘無し!」と書いている脱毛サロンが増えてきました。実際、大手の脱毛サロンへ行くとあっけないほど勧誘されません。

 

でも、本当に勧誘が無くなっているのか?と聞かれると疑問を感じます。なぜなら、以前程の強引さは無いにしても、気づいたら全く考えていなかった契約をさせられそうになっていた経験が私もあるからです。

 

最近の勧誘はとても巧妙になってきています。自然と誘導されて自分で納得したような気にさせて契約を取る方法です。勿論、本当にあなたが納得したのであれば問題はないのですが、これが手口と分かっていたら契約しなかったと思うのであれば、それは勧誘されていたということになります。

 

ここでいくつか気をつけたい勧誘の例を挙げますね。

  • 月額○○円、初月無料キャンペーン
  • 月額制ではなく回数パックに誘導される
  • 回数や部位の追加

では、これらの手口と裏側を紹介します。

 

月額○○円、初月無料キャンペーン

 

よくホームページで見かけるコレ。無料で1回分の全身脱毛ができるキャンペーンなのかな?って思いますが、これは勧誘の落とし穴です。まず初月だけの契約はできないと思ってください。2ヶ月以上の契約が必須です。とりあえずお店に来てカウンセリングを受けてもらいたいという、勧誘の一種です。まぁ、実際に格安になるのは間違いないんですけどね。

 

勧誘の裏側

初月無料キャンペーンは全身脱毛1回分が無料ではなく、分割した1回分が無料になるキャンペーンです。1回の施術は全身1/2や1/3といった場合が多く、2,3ヶ月かけて全身1回分の脱毛を行います。なので、この初月無料というのも2,3ヶ月分の全身脱毛1回の契約をすることになります。月額9,500円で3ヶ月の契約をする場合、初月が無料なので2ヶ月分の19,000円の支払いが発生します。良心的な脱毛サロンの場合はその分の契約は現金払いでOKなので、その後契約するかは自身で改めて考えることができますが、はじめから口座引き落としでの支払いを求められた場合は1,2ヶ月前にこちらから契約打ち切りを申し出ないとそのまま毎月支払いが発生してしまい、結局その脱毛サロンに通うことになってしまった。。。なんて事もあります。注意しましょう。

 

月額制ではなく回数パックに誘導される

月額制で支払いに負担をかけません!とHPで言っているのに、実際にカウンセリングへ行くと月額制は保証面が悪いしコスパがよくないとの理由で回数制のコースを押してきます。初めての脱毛の場合は長く通うことになるので回数制の方が確かにお得ですが、そもそも月額制に惹かれてカウンセリングを受けにきていたのに。。。あれ?みたいな。

 

勧誘の裏側

HPによる視覚的な安さをアピールする為に月額制を大々的にアピールして、とにかくお店に足を運ばせる為の方法です。月額制は2種類あり、まとまった回数の契約をしてそれを毎月支払っていく分割の場合と期限を決めずに永遠と続けていける月額払いとがあります。後者の場合は、いつ会員さんに辞められてしまうか分からない月額制より、確実に契約内容が明確な回数制コースを契約してもらいたいのが本音です。なので、その場合は月額制は非常にサービス内容が薄く回数制に魅力を感じさせる設定になっています。長い目でみると回数制は月額制より安くなるのは事実ですが、最初にまとまったお金が必要です。そのリスクを避けたくて月額制に魅力を感じていたのであれば、その場で契約せず一旦お家でじっくり考えてから契約するようにしましょう。

 

回数や部位の追加

この多くは実際に施術を行っている時の他愛もない会話中に行われる勧誘です。特に自分では見えにくい箇所を脱毛してもらっている時に「もう少し脱毛回数増やした方がいいですよ」と言われると、そうなのかな?と思ってしまったり、契約していない所のムダ毛に関して「こっちはなんで脱毛しないんですか?」と勧誘してきます。

 

勧誘の裏側

カウンセリング時には全く勧誘がなく、施術中もフレンドリーな感じで会話してくれているので親切でいってくれてるのかな?と勘違いしてしまい、契約追加をしてしまうパターンです。最初の契約回数や脱毛範囲が少ない場合に少しずつ契約を増やしていく手口です。契約回数の追加は最終回で延長するか決めればいいことですし、脱毛範囲以外のムダ毛はもともと気になっていないところです。口車に乗せられて部位を増やす必要はありません。どちらにしても、その場で追加契約をせず次回の来店時までに冷静に検討することをおススメします。

 

最近の勧誘は昔の様な無理矢理な契約を押し付けるのではなく、むしろ勧誘されていたと思わせず納得させて契約へ持っていく巧妙なものになっています。でもあなたがその契約に満足したのであればそれは勧誘ではなく親切な説明になります。注意したいのは本当にその契約があなたに必用なのかということ。その場で軽く納得した気になって契約してしまうのではなく、一旦家へ持ち帰って冷静な判断で考えることがトラブル回避となります。

 


このページの先頭へ戻る