脱毛サロンの解約方法!返金して貰えるのか?

脱毛サロンの解約方法は?支払ったお金は返金して貰えるの?

高額なお金を支払ったものの、転勤やサロンとの相性、妊娠、病気…理由はどうあれ解約したい時ってありますよね。そんな時、どうしたらいいのでしょう?

 

契約書を確認する

 

契約を交わした際、契約書をもらいますよね。

  • クーリングオフ
  • 中途解約

という文字があれば、「全額返金」または「一部返金」制度が整っており、きちんと手続きをして解約したらお金も返ってくるということになります。

 

契約コースについて確認する

 

解約には大きく二つの方法があります。

  • クーリングオフ (全額返金)
  • 中途解約 (一部返金)

それぞれ条件があります。あなたの契約内容がどちらに当てはまるのか確認しましょう。

 

 

クーリングオフが可能な条件
  • 契約をした日から8日以内

    (8日目の消印まで有効)

  • 契約期間が1ヶ月以上
  • 契約金額が総額5万円以上
中途解約がが可能な条件
  • 契約期間内であること
  • 回数制の契約であること

    (月額払いは別の形での解約になる)


 

それぞれの解約方法を確認する

クーリングオフの解約方法

クーリングオフは唯一全額返金が可能な方法で、書面でサロンに通知するだけで電話や出向く必用もありません。

 

契約相手(脱毛サロン)に「契約を解除する」という内容の書面(はがき)を8日以内(消印有効)に送るだけです。日付が重要となるので郵便局にて、

  • 特定記録郵便
  • 簡易書留/書留
  • 内容証明

いずれかの方法で送ると発信日の証明がされるのでトラブルになりません。またクレジット払いの場合は同じ内容のはがきをクレジット会社にも送ります。いずれも手元にコピーを取っておきましょう。

 

サロンによっては「クーリングオフをしたい場合連絡をしてくれたら必要書類を送ります」といった説明がある場合もありますが、クーリングオフは日付との勝負なので、サロンの対応を待たずに早急に書面を送ることをおススメします。

 

 

 

中途解約 <月額払いの契約をしている場合>

店頭もしくは電話にて解約を申し出ます。月額払いの場合は「口座引き落とし」もしくは「クレジット払い」で毎月引き落としという形になっているので、解約を申し出た翌月以降の支払いを止めるといった流れになります。

 

サロンによっては翌々月から支払いが止まる…など、内容が異なってくるので確認しましょう。また、一度解約してしまうと再契約ができない脱毛サロンもあるので、解約の手続きをする際は気をつけて下さい。

 

中途解約 <回数制の契約をしている場合>

全額の返金はされませんが、良心的な脱毛サロンでは契約回数の未消化分を返金してもらえます。その返金額から手数料10%(上限2万円)を引いた金額が返金されます。返金金額は脱毛サロンによって様々なので、契約書を確認しましょう。

 

解約方法はとても簡単です。脱毛サロンに連絡するだけです。

 

中途解約の法律的な条件はクーリングオフと一緒で契約期間が1ヶ月以上、契約金額が5万円を超えるものが対象となっていますが、最近の脱毛サロンでは5万円以下の場合でも返金対象として扱ってくれる所がでてきています。また、クーリングオフと違い中途解約は解約損料として違約金が発生します。良心的な脱毛サロンの場合は違約金がかからないところもありますが、法律上の権利なので多くの脱毛サロンで適応されています。

 

 

 

解約する際お店の方に引きとめられるトラブルも発生しているようですが、基本的に解約は簡単にできます。でも、返金金額や違約金など各サロンによって対応は様々なので、契約する前に無料カウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。また、手続きが面倒くさい…なんて思ってズルズル毎月脱毛代を支払っていたり、解約の手続きをせずにフェードアウトなどせず、正式な手続きを行うとかなりの返金がされるかもしれませんよ!

 


このページの先頭へ戻る